So-net無料ブログ作成

Sandy Bridge版Pentium B940のベンチマーク [戯言]

スッゲェ久々のブログ更新。

Sandy Bridge版Pentium B940搭載のノートパソコンを入手したので

とりあえずベンチマーク取ってみた。

ゲットしたのはlenovo G570 (楽天へリンク)

G570はCore i5とかi3とかを搭載したモデルもあるけど、敢えてPentium B940にしてみた。

Core iシリーズならオークションで手に入るからいつでも換装できるしね。

初期状態では64bit版のWindows 7 SP1が入っていたけど、

速攻でHDD入れ替えて32bit版にした。

そんなわけで完全なデフォルトではないけど、ほぼ初期状態のベンチマーク。

score.jpg


良くも悪くも実にバランスのとれた数値(笑)

CPU内蔵GPUも検討していますね。

続いて、CrystalMark 2004R3

Mark.jpg


[ ALU] 21852
[ FPU] 19022

ってどんなんかなって過去のデータを見てみると

Celeron P4500
[ ALU ]17586
[ FPU ]18847

Core i3-330Mが
[ ALU ] 26402
[ FPU ] 26250

ですから、相応ということで。

で、せっかくメモリはデュアルチャネルなので2GB×2にしてみると

score2.jpg


Mark2.jpg


と、メモリの値が飛び抜けて上がって、

その影響か内蔵GPUの値も上がってます。

2GB×1
[GDI] 8778
[D2D] 1147
[OGL] 1882

2GB×2
[GDI] 9105
[D2D] 1511
[OGL] 1865

Core i7-620Mが
[GDI] 9584
[D2D] 2068
[OGL] 2662

ですから、Sandy Bridgeの性能を垣間見た感じです。

次はCore i7 / i5 / i3もベンチ取るぞ~!

久々に燃えてきた(笑)


【追記】
PCMark7の結果
pc07-pen.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。